サイズに注意しよう

印鑑登録イメージ

日常生活で使うことが多い「認印」は、印鑑登録をする必要はありませんが、大事な場面で使うことも多く、個人の権利や身分・責任の証明ともなる「実印」には、印鑑登録が不可欠となっています。

逆に言えば、印鑑登録をしていない印鑑は、実印と呼ばれることはありません。

それでは、この印鑑登録。手続きの際には、何か注意することが必要なのでしょうか。
今や日本には、印鑑とひとくちに言っても、驚くほどたくさんの種類の印鑑が出回っています。

そのなかでお気に入りの逸品を見つけたとしたら、それをすぐに印鑑登録してもらい、実印として扱ってもらうことは出来るのでしょうか。

印鑑登録するときに気を付けなければならないことについて、すこし調べてみました。

【銀行印が必要とするみなさんへ】
銀行印は銀行へ登録する金銭関係に最も重要な印鑑です。実印や認め印とは分けて使いましょう。銀行への貯金などに使用します。認め印等と区別しやすいように銀行印は縦彫りと横彫り(右から左へ)があります。

まず注意しなければならない重要ポイントは、印鑑の大きさについてです。
実印のサイズには規定があって、どのサイズでも気に入れば実印にしてオーケー、ということはないようです。

気になるそのサイズとは、「一辺が8ミリ以上25ミリ未満の正方形に収まる大きさ」が条件となっているとのことです。
多くの印鑑専門店では、最初から「実印用」としてのサイズのコーナーを設けているようです。

しかし、実印にはこだわって作りたい、自分だけのオリジナルをオシャレにオーダーメイドで作って使いたい、という人もたくさんいらっしゃると思います。そんな方はぜひ、まずはサイズから注意して作るようにしてくださいね。

お店の人に聞いたりして、確認してから選ぶようにしましょう。

ページの先頭へ