ひとりひとつの実印

認印イメージ

印鑑のなかでいちばん身近な存在であり、郵便書留を受け取ったり、宅配便を送ったり、簡単な契約の承認などといった機会に使われる認印。

一方、印鑑のなかでいちばん重要な存在であり、結婚する際の婚姻届や憧れの家を購入するとき、クルマを持ちたいときなど、人生における大きな契約をする機会に使われる実印。

では、具体的にこのふたつの違いって何なのでしょうか。
認印はその辺の安いお店で買ったもので大丈夫、印鑑は高い立派なものでないと駄目、とか……。
なんて思ってしまいそうですが、それは違います。

どんなに立派な印鑑でも、どんなに一見実印っぽく見えたとしても、「印鑑登録」をしなければ、その印鑑が実印になることは永遠にないのです。

【会社設立の時に必要な印鑑セットを激安で販売】
会社設立時に必要になる、お得な実印・銀行印・角印の印鑑3本セットを企業支援キャンペーンセットとしてご用意いたしました。高級感あふれる本格的な天丸(ひょうたん型)法人用印鑑で、実印と銀行印にはサヤ(キャップ)が付いており、大切な印面を保護します。

そう、印鑑が実印となる条件、それは「印鑑登録」です。
あなたが実印として使いたいと思っているその印鑑は、あなたが住民登録をしている市区町村の役所・役場で「印鑑登録」の申請を出し、それが承認されてはじめて、実印としての効力を持つのです。

役所・役場から「印鑑証明」を発行してもらい、登録した実印を押した契約書とともに添付することで本人の意思で納得し、同意することが必要となります。

実印は、個人の証明書として扱われるもの、つまりIDのようなものです。
認印が家族で共同のものを使っても大丈夫で、また自分ひとりで何個も所持していてもまったく問題ないのに対し、実印はひとりひとつしか持つことができません。

言いかえれば、ひとりひとつを持つべきであるということにもなります。
実印は必ず、自分個人のものを登録するようにしましょう。

ページの先頭へ