実印について

実印イメージ

実印は一生のものだから、大事にしなさいよ、ということを親のさらに親、さらに親・・・といったように、先祖代々言われてきているような家系もあるかもしれません。

その家によっても考え方は違うと思いますが、実印は長く使うものだと考えるのが一般的なんですよね。
実印はいわば、自分のみがわりなのです。

そのため、自分がその場にいられないかわりにその印によって、判断を決定的なものとするわけですね。
常に重要な書類に自分がついて回ることはできないですから、その実印のしるしがその役割を果し、書類にくっついてくれるわけです。

【実印が必要なあなたへ】
家や車を購入する時、必要なモノは実印!人生の節目に登場する実印をネット通販No1のハンコヤドットコムでいかがですか

印鑑ならどれも大切なものと考える人もいますし、せいぜい重要なのは、実印や銀行印くらいだろうと考える人もいます。
人の価値観はばらばらですから、どの考え方が正しいとはいえません。
理想の考え方はあるとはしても、それを全員が意識して実行しなければならないというわけでもないですからね。

特に若い世代は、印鑑についての思い入れが昔の人よりも少ない気がします。

それほどまでに、今印鑑を必要とされる場面は少なくなってきているのかもしれません。

印鑑よりサインが求められる機会がふえ、これからどんどん印鑑の需要がなくなってくれば、いずれは表舞台から印鑑が姿を消す時代も来るかもしれないのです。

しかしそれは可能性のひとつに過ぎません。
もしかしたら、印鑑の文化が全世界に広まることだってありえるのですからね。

ページの先頭へ